« 有楽町MUJI CAFE & 代官山Mr.Friendly | トップページ | 上高井戸「長泉寺」 ほおずき市 »

エピペン

少し前に給食の「ちぢみ」を食べてなくなられた生徒さんが出てから、一般の方にも知られてきたショック症状を抑える注射の「エピペン」                                

私は子供の頃から蕎麦のアレルギーがあって、何度も怖い思いをしてきました、、、が、食べなければ全く平気な上、もの凄く苦しくなっても、時間とともに必ず緩和されていくのを知っているし、治す薬はないので、なんとなくほったらかしにしてきました。                 

自分でかなり気をつけてはいても、想像もしていないものに「そば粉」が混入している事ってあるんですよね。。。蕎麦が怖いものだという認識が薄いから仕方ないんですが、表示して欲しい。。けど。。そんなで、食べてしまったら、「しまった~」と、開き直って苦しむしかないんですよね。。                                             

まァ、、、そして、救急車が来る前に死なない為の薬と言うものがあって、もたもたしている時間がないので、直接注射します。それが、エピペン。                          

扱う病院が限られていて、入手困難だったのが、少し緩和されました。                

そんなこともあり、おも~い腰を持ち上げ、やっと行ってきました。                      

子供の事ではあんなにさんざんアレルギー外来に行ったのに、思えば自分自身は初めて。。。                                                     

広尾の日赤に大人のアレルギー外来があります。子供のアレルギー外来はあるのに、大人はなかったりするんですよ。。。日赤大丈夫です。                    

日赤、建て直したばかりで、綺麗!!ハイテク!!!気持ちよく、しかも、サクサク終わりました。                                                    

もらえるのは来週なのですが、予習課題を出されました(笑)                         

Sdsc_03662DVD付き!                                                

30代くらいの日焼けした明るい先生で、しかも、当たり前ですが余計な説明をしなくても、状況を把握してくれて、なんか、すごく気持ちが楽になりました。                 

なんでも相談できて信頼できる先生を持つ大切さは知っていましたが、精神面て本当にちょっとの事が大切なんだなァ、、と、思いました。多分どんな病気でも。。             

息子の同級生にも医学部に入った子供達が沢山いますが、どうか頭でっかちにならず、人間の本当に必要としているものを忘れないお医者様になってほしいです。                     

« 有楽町MUJI CAFE & 代官山Mr.Friendly | トップページ | 上高井戸「長泉寺」 ほおずき市 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179997/52391568

この記事へのトラックバック一覧です: エピペン:

« 有楽町MUJI CAFE & 代官山Mr.Friendly | トップページ | 上高井戸「長泉寺」 ほおずき市 »