« 炭bio | トップページ | シュシュ AVRILの毛糸 »

両親とアロマ

狭心症と言われ、検査入院していた父は血管を一本広げるような手術をしてとりあえず、退院しています。他は又2月・・まぁ、退院させるくらいだから、しばらくは安心なんでしょうケド。。。                                                          

気持ち、と、いうのか脳は全く元気なので、その他は普通な為、その病状が外から見えず、それはそれで危険ですよね・・・寒いから気は許せないです。                    

ずっと両親にいつの日か。。と、思って延ばしていた、マッサージをやりに行きました。            

血の巡りが悪くなっている事は確かなのと、父の負担のかかっている方の足が浮腫んでいたので。。 

親子ってやっぱり照れがあるので、なかなか行きずらかったし、アロマの存在を理解していなかった二人ですが、今回父が順天堂入院していて、私も先日順天堂にボランティアに行ったので、安心してもらえたみたいです。                                

まず母のハンドマッサージから始めましたが、以前一度やった時は、                     

「まぁ気持ちはいいけど微妙・・」と、言っていたのが、今回は大満足してました。                

横でみていた父は母がやっている間、茶化しまくったり、アロマのことを色々聞いてきたり、想像以上にハイテンション。                                                        

父には足をやったのですが、父親の足をさわるのは初めてだと思います。浮腫みもありましたが、とにかく冷たくて、足悪いのにこんなに冷えていたら、又、転倒しかねない、、と、思いました。                                                  

マッサージ中も母も交えてあれこれ楽しそうに話しまくり、三人でこんなに笑ったのって、いつ以来なんだろう。。と、ふと、思いました。反抗期あたりから、会話はするものの、親子という妙な力関係が働いて、変な境界線ができていたと思います。アロマの力は偉大ですね・・                      

私の所属しているアロマボランティアの学校の校長先生は、アロマで出会う前に、癌でお父様を亡くし、もっと早く出会っていればアロマを通して沢山してあげられる事があったのに、、 という、悔しい思いから今の仕事を立ち上げた方です。。お話しを聞いたときはそうなのか、、と、思った程度でしたが、今回、本当に出会えてよかったと、思いました。           

私の世代になると、多分、親を触る、手をつなぐ、なんていうことをする機会がほとんどないと思います。でも、触ってみて下さい。                                         

色んな発見がありますし、不思議なんですが、とっても素直に正直な気持ちを伝えることができますよ。                                                             

そのうち。。は禁句です。                                            

帰りに母とランチしました。epi だったかな。母のお気に入りの仏家庭料理。写真を撮り忘れスープだけ・・・ デザートはまだできていなかったのがちょっと残念でした。            

Blog_940 人参ポタージュ。       

« 炭bio | トップページ | シュシュ AVRILの毛糸 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うまくいって良かったですね。
退院できて何よりでした。happy01
私の祖母も足のむくみから
心臓の周囲に水がたまっていることが分かりました。足って大事なんですよね。

お父さまお大事に。親孝行できて良かったですね。heart04

ありがとうございます!高齢なので、元通り、、というわけには行きませんが、病院に行って安心したみたいです。今では、アロマを楽しみに待っているので、ちょっと嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179997/38650655

この記事へのトラックバック一覧です: 両親とアロマ:

« 炭bio | トップページ | シュシュ AVRILの毛糸 »